感染症対応製品のご案内

新型コロナウイルス感染症に対する
IMJの取り組み


現在も世界各国で感染者と死者が増え続けている「新型コロナウイルス」の感染拡大を防ぐべく、リスクと向き合いながらも治療に日々奮闘されている医療従事者の皆様に心より感謝を申し上げます。
IMJグループ、株式会社インターメドジャパンは長年の呼吸器関連製品/手術室関連製品の販売経験を活かし、「ウイルス感染症対策」に伴う医療従事者のQOL、安全性の向上と向き合う会社として、今後、ウイルス感染拡大時に再び不足することが予測されるデバイスの供給ルートを確保していきます。


 関連製品情報

  新型コロナウイルスから医療従事者の皆様および患者様を守るため、下記の製品に関する情報を
  お届けします。

呼吸回路フィルタ


呼吸器回路フィルタは、機器と患者間の交差感染を防ぐために使用されます。使用されるフィルタのろ過性能は様々ですが、その評価には「バクテリアおよびウイルス試験」と「ろ過性能試験」の2つの試験方法があります。
試験方法の違いから、これらの評価結果を相互に比較することはできません。 

「バクテリアおよびウイルス試験」・・・ASTM F 2101/ASTM F 2101に準拠
直径約0.6μmの黄色ブドウ球菌や直径0.027μmのφX174バクテリオファージを使います。これらの
細菌またはウイルスをネブライザに導入して懸濁液を作成し、圧縮空気によりエアロゾル化(粒子径3.0μm)して流量28.3L/分にて透過させます。 各々の透過レベルがBFE/VFEで表されます。

「ろ過性能試験」・・・JIS T 7211:2005に 準拠
平均粒子径0.26μmの塩化ナトリウム粒子を使い、流量30L/分にて透過させます。 塩化ナトリウム粒子の透過レベルがろ過効率として表されます。

参考)
新型コロナウイルスは円形または楕円形で、直径は約0.06μm〜0.14μm *1 とされていますが、ウイルスの伝播には、飛沫媒介(エアロゾル等)の粒形が大きく影響します。 新型コロナウイルスを含む0.25〜1μmの大きさの飛沫粒子の多くが肺に直接吸入され、2.5〜10μmの大きな粒子は、鼻、咽頭、喉頭の領域と気管に多く堆積すると考えられています。*2

 フィルタの一般的な4つの捕集メカニズム 

フィルタを通過しようとする粒子は、次の4つのメカニズム(図1)により捕集されます。*3

① 慣性衝突
  空気の流れの中を移動し、繊維の周りを
  通過する粒子が(粒子の慣性により)
  空気の流れから逸れて、繊維と衝突した
  ときに捕集されます。
② 遮断
  大きな粒子がそのサイズのために、通過
  するフィルタ内の繊維と衝突するときに
  捕集されます。
③ 拡散
  粒子のランダム(ブラウン)運動によっ
  て、その粒子が繊維に接触するときに
  捕集されます。
④ 静電引力
  静電式フィルタは、4つ目のメカニズム
  である静電引力を有したフィルタです。
  繊維接触が行われた後、静電気により、
  小さい粒子が繊維上に捕集されます。 
 

● 0.2μm未満の小さい粒子の場合
 メディアの静電引力や粒子のブラウン運動により捕集されやすい
● 0.2μm以上の大きい粒子の場合
 メディアの細孔径よりも大きな粒子は慣性衝突や遮断によって通過できず、 捕集されやすい
*3 

これら3つのメカニズムを合成した捕集効率は図2のように表されます。これに静電引力が加わると0.2μm未満の小さい粒子の捕集効率が上がります。 


 HEPAフィルタ性能試験で粒径0.3μm粒子が用いられる理由 

HEPAフィルタは、「定格風量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集効率を有し、
かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を有するエアフィルタ」とJIS Z 8122:2000で定められて
います。

HEPAの試験規格は、フィルタの4つの捕集メカニズムを以ってしても、透過しやすいとされる
粒子径(図2)を用い、より過酷な条件でのフィルタ性能を評価するものです。

 

 モイストプライム フィルタ付人工鼻/フィルタの性能試験

フ ィ ル タ 形 式  :静電式フィルタ(疎水性)
ろ過効率試験規格:ASTM F 2101/ASTM F 2101に準拠
テ  ス  ト  粒  子   :直径約0.6μmの黄色ブドウ球菌または直径0.027μmの
                                 φX174バクテリオファージを含んだエアロゾル粒子を流量30L/分にて透過
ろ    過  効    率    :99.9+% *4

 製品ページへ
 カタログ ダウンロード

参考文献

*1 COVID-19: a new challenge for human beings. Penghui Yang & Xiliang Wang Cellular
  & Molecular Immunology volume17, pages 555–557(2020)
*2 Bioaerosol Size Effect in COVID-19 Transmission. Marcelo I. Guzman Preprints
  (www.preprints.org) |
 NOT PEER-REVIEWED | Posted: 22 April 2020.
*3 Filtration and Air-Cleaning Systems to Protect Building Environments from Airborne Chemical,
  Biological, or Radiological Attacks, DHHS (NIOSH) Publication Number 2003-136.
*4 Test result obtained from Nelson Laboratories

  

N-95マスク

N-95マスクは、空気伝播するウイルスへの曝露や飛沫から医療従事者を防護する役割があります。SARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)、新型インフルエンザ、結核菌などの空気感染予防対策として必要なマスクであり、新型コロナウイルスの状況下でも「気管挿管・抜管、NPPV装着、気管切開術、気管支鏡検査、ネブライザ療法、誘発採痰」などの大量のエアロゾルが生じる処置の実施時にも着用が必要となります※1

N-95マスク規格

NIOSH(米国労働安全衛生研究所)が認定した呼吸器防護具です。Nはnot resistance to oil(耐油性なし)、95は塩化ナトリウム(動力学的質量粒子径0.3μm)の捕集効率95%以上を指し、つまりN-95マスクとは油分を含まない個体粒子が舞っている環境下で使用したときに、フィルタ捕集効率として95%以上が保証されているマスクということになります。

N-95マスクによるウイルス捕集

新型コロナウイルスの感染経路のひとつとして、空気感染があげられます。空気感染は、咳やくしゃみ等で飛散した飛沫の水分が蒸発し、直径5μm以下となった飛沫核が空気の流れによって運ばれ、肺に侵入することにより発生します。直径5μmを超える飛沫はサージカルマスクで予防することが可能ですが、飛沫核に対してはN-95マスクの着用が必要となります。

※ウイルスなどへの曝露を低減するものであり、完全に遮断するものではありません。

 

一般的なN-95マスク使用時の注意

1.勤務施設の呼吸器保護プログラムのガイダンスに従ってご使用ください。
2.NIOSH認定のN-95マスクを使用してください。
3.ご使用のN-95マスクの着脱方法を熟知してください。
4.N-95マスクの安全かつ効果的な使用方法を熟知してください。
5.N-95マスクを装着後は、必ずユーザーシールチェックを実施してください。

N-95マスクユーザーシールチェック方法

 

AlphaProTech マスクN-95について

NIOSH認定であり、なおかつFDA(アメリカ食品医薬品局)からサージカルマスクとしての承認も
 受けています。NIOSHが定めたN95基準である、「細菌ろ過効率」、「微粒子ろ過効率」、
「呼気抵抗」をクリアしつつ、FDAが評価している[血液不浸透性]および「燃焼性」の基準を満たし
 ています。
特許取得済みのアーチバーによりマスク内部に広い空間ができ快適性がUPしています。

品名 マスクN-95 35枚入り
メーカー Alpha Protech (米国)
品番 62700
包装単位 35枚/箱 6箱/ケース
薬事承認番号 法第二条第四項適用外
JANコード 45602611576622

参考文献

*1 医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド」
  一般社団法人日本環境感染学会
*2 COVID-19: a new challenge for human beings. Penghui Yang & Xiliang Wang Cellular &
  Molecular Immunology volume17, pages 555–557(2020)

フェイスシールド 発売準備中

飛沫感染から防護するために、顔全体を十分に覆うことが出来るフェイスシールドを
お選びください。

製品詳細
シールド幅:325㎜
シールド長さ:230㎜(バイザー部 長さ210㎜)
シールド奥行:40mm(ポリウレタンフォーム)
バイザー厚み:0.4㎜

1枚/袋 50枚/箱
未滅菌、非刺激性素材
スペイン製

ガイドライン一覧

ガイドライン名  版数 発行元 掲載年月日
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)(疑い、診断済み)患者の麻酔管理、気管挿管について 日本麻酔科学会 2020.3.3
医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 第3版 日本環境感染学会 2020.3.25
2019年新型コロナウイルス(COVID-19)周術期の勘案事項 Anesthesia Patient Safety Foundation 2020.3.31
感染症法に基づく消毒・減菌の手引き 厚生労働省 2020.4.10
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する個人防護具(PPE)の合理的な使用暫定ガイダンス 2020年3月19日版 WHO 2020.4.10
新型コロナウイルス肺炎患者に使用する人工呼吸器等の取り扱いについて-医療機器を介した感染を予防する観点から Ver.2.2 日本呼吸療法医学会、
日本臨床工学技士会
2020.4.20
COVID-19パンデミック時における麻酔器の使用、保護、除染に関するFAQ Anesthesia Patient Safety Foundation 2020.4.24
新型コロナウイルス感染症陽性患者(疑いを含む)の帝王切開術の麻酔管理に関する提言 日本麻酔科学会 2020.6.15
新型コロナウイルス肺炎患者に使用する麻酔器等の取り扱いについて ~ 医療機器を介した感染を防止する観点から Ver.1.0 日本麻酔科学会、日本臨床工学技士会 2020.6.22
 

感染症対応製品のご案内

  • カタログ一覧
  • ユーザーの声
  • 製品サポート